キャリタスLINQ

みんなの “はたらく” をシェアするQ&Aコミュニティ

“はたらく"ホンネの相談多数!
いますぐログイン!

新規会員登録(無料)

@sasasa
学生・2019年卒

  • 2018/03/13 12:26
  • 1
就活

ガクチカとして書いたのですがどうでしょうか。添削お願いします。

 私は人見知りの克服のために始めたコンビニエンスストアのアルバイトに力を注ぎました。幅広い年齢層かつ1日に数百のお客様に接客をすることで人見知りを克服しました。さらに、仕事量が多かったため、どの順序で仕事をすれば効率的に終わるかを考え、困っているお客様を見つけた時には積極的に声をかけることで効率的かつ積極的に行動する術を身に付けました。
 このように、私は苦手なことに積極的に挑戦し克服することができます。貴社に入社できた暁には、この積極性を活かしてどんな仕事にも積極的に取り組んでいきたいと考えています。

  • 2018/03/13 21:17

@熊ノ目
社会人・2017年卒

投稿を拝見しました。

「人見知りの克服のために始めたコンビニエンスストアのアルバイト」という出だしは良いと感じました。
苦手なことを主体的に克服しようとする姿勢は、企業から評価されると思います。

ですが、「人見知りの克服のために始めた」と書き出したのなら、以降の文章では「なぜ克服できたのか」「具体的にどのように工夫して克服できたのか」について書いてみては如何でしょう。
「いろんな人との接客経験を重ねたら自然と慣れて克服できました」では、そこに試行錯誤の余地がなくなります。

社会人としてこれから勤務する上で、学生に持っていてほしいのは、
・慣れや忍耐を続けて成長する「精神的強さ」
・理屈や工夫を繰り返して成長する「論理的強さ」
の大きく2点です。

アルバイトの中でどのような工夫をして人見知り克服に至ったのかを書いてみると、「苦手に挑戦」という精神的な部分だけでなく「工夫して克服」というという論理的な部分も主張できるため、よりよくなると思います。

以上、参考になれば幸いです。

関連するQ&A

“はたらく”ホンネの相談多数!
今すぐ会員登録!

新規会員登録(無料)
キャリタス就活
キャリタス就活エージェント
アクセス数ランキング

2018/06/22 更新

回答数ランキング

2018/06/22 更新