ホーム > ブログ > 就活 > 国立生や私立生で人気企業に違いはあるか?~就職希望企業ランキング調査

国立生や私立生で人気企業に違いはあるか?~就職希望企業ランキング調査

先日発表された「キャリタス就活2019 就職希望企業ランキング調査」の投票結果。前回は総合ランキングのほか、文系ランキングや理系ランキングを紹介しましたが、今回は国立や私立の学校群で分けたランキング結果を見てみます。はたして、どんな違いが見えてくるでしょうか…?

[国立(北海道・東北・東京・名古屋・京都・大阪・九州)]

トップ5のうち3社を占める総合商社が人気

国立生ランキング.JPG

まずは国立大学の学生が選んだ人気企業ランキング。東大、京大など国立7大学で集計したところ首位は三菱商事。2位に三井物産、4位には伊藤忠商事が入り、上位5社中3社を総合商社が占める結果となりました。また、3位の東海旅客鉄道、5位の野村総合研究所、7位のソニーなど、他の大学群の上位には来ない企業が並んでいるのが特徴です。

[早稲田・慶應義塾]

早慶も総合商社が人気。大手4社がトップ10にランクイン

早稲田・慶応.JPG

早稲田大学と慶應義塾大学の学生で集計したランキングの首位は、国立7大学の学生と同じく三菱商事。上位6位までに4社の大手総合商社が並んでいます。その中で2位にランクインしたのは東京海上日動火災保険。9位の三井住友海上火災保険と共に大手損保2社が上位10位に入りました。

[明治、青山学院、立教、中央、法政]

メガバンク3行がトップ10に。根強い銀行人気がうかがえる結果に

関東私立.JPG

明治、青山学院、立教、中央、法政大学の学生に聞いたランキングでは三菱東京UFJ銀行(※調査当時)が首位を獲得。6位のみずほフィナンシャルグループ、8位の三井住友銀行と、メガバンク3行が上位10社に入り、この学校群では根強い銀行人気があることがうかがえる結果となりました。

[関西・関西学院・同志社・立命館]

関西にゆかりのある企業が上位にランクイン

関西私大.JPG

関西、関西学院、同志社、立命館大学の学生で集計したランキングでは三井住友銀行が首位に。そのほか5位のサントリーグループ、7位の村田製作所と、関西にゆかりのある企業がトップ10にランクインしているのが特徴と言えるでしょう。また2位に三菱東京UFJ銀行(※調査当時)、4位に東京海上日動火災保険、9位に日本郵政グループが入り、金融業界も人気を集めているようです。

いかがでしたか? いずれの学校群でも売り手市場を反映しているのか、知名度の高い企業に人気が集まっているように思われます。とはいっても、学校群によって選ばれる企業に違いや独特の傾向がうかがえるのが興味深い結果と言えるでしょう。

キャリタス就活2019ではそのほか、「男女別ランキング」、「業種別ランキング」なども公開しています。今後の業界・企業選びの参考になるので、是非チェックしてみてはいかがでしょうか?

<キャリタス就活2019>https://job.career-tasu.jp/2019/guide/study/ranking/

調査概要.JPG

関連記事