ホーム > ブログ > ノウハウ > いろんな場所の「上座」「下座」をチェック!普段から接待時まで使えるマナー

いろんな場所の「上座」「下座」をチェック!普段から接待時まで使えるマナー

「上座」「下座」と聞くと、飲み会や接待時などの席順マナーのことを思い浮かべる方も多いかと思いますが、実は会社の廊下やエレベーター、タクシーの中にもこのマナーがあることをご存知でしょうか。さまざまな場面での「上座」「下座」の位置を理解しておくことで、さりげない気遣いをアピールすることができますよ。今回は、ビジネスシーンで役立つ上座と下座の位置関係をご紹介します。しっかりと覚えて、後輩力を身に着けましょう。

そもそも「上座」「下座」はどんな意味があるの?

社会人なら一度は耳にしたことがある「上座」と「下座」という言葉。これは、座席の順番や位置を指す言葉で、相手への敬意を表すためのものです。もちろん、日常生活の中でも必要な知識ではありますが、とくにビジネスシーンでは重要なマナーになります。簡単にいうと上司やお客様など、自分よりも目上の方が座るのが上座で、目下の人間が座る場所が下座です。部屋の中でいうと入り口から一番遠い席が上座で、近い席が下座と覚えるといいでしょう。

また、上座と下座は座席だけに当てはまるものではなく、立っているときや移動中にも適応されます。廊下や通路などですれ違ったときには道を譲ったり、相手がなるべく動かなくても良いよう、こちらが立ち回るようにするなどの心遣いが大切です。

会社内での「上座」「下座」はどんな場面にある?

seating-order_02.jpg

・廊下の正しい歩き方

社内を移動しているときには、社内外を含めてたくさんの人とすれ違いますよね。もし、自分が1人で歩いていて上司が反対側からやってきたときには、通路の端に寄り道を譲ってすれ違うときに会釈をしましょう。また、1人ではなく上司やお客様など、目上の方と一緒に歩く際には、自分が前を歩かないように注意してください。ただし、自分が行き先をご案内しているときには、相手の前を歩いて先導します。

・エレベーター内でのマナーとは

エレベーターの中の席次で、上座にあたるのは入り口の直線状の壁際です。乗り降りがしやすく、エレベーター内が見渡せる場所が上座になります。一方、下座となるのは操作ボタンの前です。一番目下の人が操作ボタンを操作し、乗り降りの順番も一番最後を心掛けましょう。目上の方と一緒にエレベーターに乗るときには、ドアが閉まらないように片手でドアを抑えて、全員が乗ったあとに自分が操作ボタンの前に立ってください。このとき、後ろに立つ上司に対して背を向けないように、体を斜めにするのがポイントです。エレベーターから降りる際には、「開」ボタンを押してドアが閉まらないようにします。

・応接室ではどこが上座になる?

来客時などに使う応接室は、会社によって作りが異なりますが、このときもやはり入り口から1番遠い席が上座となります。また、2人掛け用のソファと1人掛け用の椅子が向き合って置かれている場合には、2人掛け用のほうが上座です。ただし、1人掛け用の椅子が並んでいるような応接室の場合には、入り口から遠い側が上座で、その中の中央が最も良い席となります。

・会議室の正しい席次は?

会議室で上座となるのは部屋全体を見渡せる議長席で、最も役職が高い人が座ります。そして、その議長席から遠ざかるほど下座となるので、役職順に奥から座っていくと考えると良いでしょう。一番目下の人が入り口に近い席に座ります。

社外でも油断禁物!移動の車や列車の中にも席次がある!?

・タクシーに乗る場合の上座はどこ?

タクシーの座席で一番の上座となるのも、やはり入口のドアから一番遠い後部座席の奥です。4人で乗る場合には、後部座席奥が一番の上座、その次に後部座席のドアから一番近いところ、次に後部座席の真ん中、助手席が下座となります。ただし、後部座席に大人3人が座るとなると窮屈なもの。一般的な席次は上記のとおりですが、目上の方が一番座りやすく快適に過ごせる場所を本人に聞いてしまうのもOKです。

・自家用車とタクシーは上座が変わる!?

タクシーでは助手席が下座でしたが、自家用車の場合には助手席が上座となるので注意が必要です。その次に良い席といわれるのが、後部座席の運転手の後ろで、次が助手席の後ろです。もし、4人で乗る場合には、後部座席の真ん中が下座となります。

・列車の席次もチェックして

出張や長距離移動のときに乗る新幹線や列車にも、上座と下座があります。通路から遠く、景色が楽しめる窓側が上座、人通りがある通路側が下座です。しかし、上座はトイレや電話の際に立ち上がるときに通路に出にくいことがあります。そのため、目上の方が席につくまえに「窓側のお席でよろしいですか?」と一言お伺いをしておくと安心です。また、4人が向かい合って座るボックス席の場合には、進行方向に向かって座るのが上座、背を向けている席が下座です。

臨機応変な柔軟性も大切に!

ここまで、さまざまな場面での上座と下座をご紹介しましたが、時と場合によって臨機応変に対応することも大切です。たとえば、上座である席が太陽の日差しが当たってとても眩しい状況にあったり、冷房が直接当たってしまったりする場所だとします。このようなときには、一言こちらからお声を掛けて、お席の移動や交換の有無をお伺いしましょう。また、景観がよくない場所は、いくら上座であっても目上の方を座らせる場所としてふさわしくありません。位置関係だけにとらわれず、時や状況などを瞬時に理解して目上の方の希望をさり気なく聞いたり、座席の位置をあえてずらしたりすることが、本当の気配り上手です。

会食や接待などのビジネスシーンではもちろん、普段の何気ない行動や状況の中でも、意外と遭遇する場面の多い「上座」や「下座」の位置関係。覚えるまでは難しく考えてしまいがちですが、一度身に着いてしまえばとても簡単なものです。自分の中にしっかりと叩き込んで、自然な振る舞いや身のこなしができるようにしておきましょう。


あわせて読みたい!

デキるビジネスマンは始めてる!?ビジネス向け「クリスマスカード」のススメ

「御社」と「貴社」の違いって?会社の呼称や宛先のマナーを確認しよう

新入社員に教えられる?顧客訪問のマナー再確認

関連記事

著者情報

著者アイコン
小嶋 恭一
大学を卒業後、現在のWeb制作会社に就職。記事編集を1年担当した後、ライターとして活動を始める。ビジネス、医療、留学、介護などを主に担当。