ホーム > ブログ > ノウハウ > まだパワポで消耗してるの?Googleスライドで効率的なプレゼン資料作成のススメ

まだパワポで消耗してるの?Googleスライドで効率的なプレゼン資料作成のススメ

プレゼンテーション資料といえばPowerPointで作成するのが一般的ですが、その導入には費用がかかりますし、どこかデザインが画一的で、面白みがないと感じる方も多いのではないかと思います。

そんな方は、一度だまされたと思って、Googleスライドを使ってみてください。Googleスライドは無料で使えるツールであるにも関わらず、デザインテンプレートが洒落ており、また、作業を効率化させるたくさんの機能が搭載されています。今回はそんな、Googleスライドの魅力について、ご紹介します。

1.デザインテンプレートのセンスがイイ!

PowerPointには、ビジネス向けのデザインテンプレートがたくさん用意されています。いずれも決して悪くはないのですが、どのテンプレートも他のユーザーが使っていることから、やや見慣れてしまった感が否めず、デザインにこだわる方にとっては、物足りないものになっているかもしれません。

その点、Googleスライドには、初期の状態でも最近流行りのフラットなデザインや、配色が秀逸なデザインが用意されており、魅力的です。

google-slide_01_640.jpg

しかし、もしこれらのデザインでも物足りないという場合は、外部のサイトで探すという手もあります。Googleスライドを使ったプレゼンテーション作成は、一般的になりつつあるので、有志のユーザーが投稿したハイクオリティなテンプレートがたくさん用意されています。筆者がおすすめするのは、「SLIDES carnival」というWebサイトです。

google-slide_02.jpg

同サイトには、「フォーマルなプレゼン」「インスピレーションを与えるプレゼン」「創造的プレゼン」「シンプルプレゼン」といったカテゴリ別で、複数のデザインテンプレートが用意されているので、あなたの使用目的別で、好きなデザインを、無料で手に入れることが可能です(※2016年8月時点)。

PowerPointのデザインテンプレートに飽きてしまったという方や、人とは違ったスライドに仕上げたいという方は、ぜひ一度、Googleスライドを試してみることをおすすめします。

2.Googleドライブのお家芸。共同作業もラクラク

Googleドライブを使ったことはありますか?Googleドライブとは、Googleのクラウドストレージにファイルをアップロードしたり、管理したりすることができたりするツールです。

もちろん、使用できる機能は本家に比べればやや限定的ではありますが、いずれも導入にコストがかからないことを含め、複数のメリットが存在します。

Googleスライドでは、オンライン経由でユーザーの権限を決め、複数人で編集することが可能です。ページごとに分担して、「俺は前半作るから、後半はお前頼む」なんて共同作業をチーム内で行うこともできます。この時、同時に1つのスライドを更新しても常に最新のステータスに同期されるため、最後に各自が作成したページを合体する手間はなくなります。

チェックの際も、パワーポイントの場合は出来上がった資料を各自がチェックして、各々修正したスライドを差し替えるといった作業が発生し煩雑になります。しかし、Googleスライドであれば修正も複数人で同時に行い、1つのプレゼンテーションを完成させることもできます。

パワーポイントの作業で感じる、チーム作業のストレスが一気に解消しますよね。

最近ではフリースペースやリモートを推奨する会社が増えていますが、そうしたシチュエーションでの利用にもピタリとはまります。

3.PowerPointで作った資料も取り込める

Googleスライドでは、PowerPoint形式のファイルを取り込むことが可能です。したがって、当初はPowerPointで編集作業を行っていたものの、複数ユーザーで作業をする必要が出てきたので、以後の作業をGoogleスライドに切り替えたいといった使い方もできます。

google-slide_03.jpg

また、取引先へのファイル共有の際は、PowerPoint形式で納品したいといった場合、Googleスライドで作ったプレゼンテーションをPowerPoint形式のファイルとして保存(エクスポート)することもできます。

google-slide_04.jpg

ビジネス上のやり取りに関しても、しっかりとカバーされている点は、ユーザーにとって重要なポイントですね。

4.PowerPointを超える快適な操作性

他にも、PowerPointではやや面倒なアニメーションの設定が、非常に簡単です。アニメーションの設定方法は、図形を右クリックすると表示されるウィンドウから、「アニメーション化」を設定し、リスト化された候補から希望する動きを選択するのみです。

google-slide_05.jpg

ウェブ上のフリー素材を、そのままドラッグ&ドロップすることも可能です。PowerPointの場合は、一度画像を保存して挿入といった操作を行う必要がありますが、Googleスライドではそういった煩雑な作業が必要ありません。

また、Googleスライドに挿入した画像は、特定の図形の形に切り抜いたり、枠線を追加したり、色やフィルターを調整したりといった簡単な加工や編集も可能です。

google-slide_06.jpg

Googleスライドはもはや、無料のツールとは思えないほどに、優秀な仕上がりとなっています。

Googleスライドで伝わりやすいプレゼンを!

無料ツールというと、有料のツールと比較して著しく機能が劣ることをイメージしがちですが、Googleスライドに関していえば、そうではありません。

たしかに、日本語のフォントの数が少なかったり、印刷を想定した資料制作の場合、アスペクト比を調整(「ファイル」→「ページ設定」→プルダウンからサイズを選択)する必要があったりと、少しの弱みもありますが、デザインテンプレートの素晴らしさやその拡張性、そしてメンバー同士での共同作業や同時編集が可能な利便性など、本家のPowerPointを超える点も数多く見受けられます。

PowerPoint形式ファイルとの連携についても難なくこなしますので、ビジネス向けの導入もおすすめです。Googleスライドを使い、うまく作業を効率化させて、スタイリッシュで伝わりやすいプレゼンテーションの作成を実現しましょう。


あわせて読みたい!

マジExcel超え!Googleスプレッドシートの真の力を解放するスゴ技20選

PowerPointの資料作成でやってしまいがちな失敗例3つ

PowerPointで資料をスピード作成する時短テクニックとアドオンまとめ

PowerPointで最も見やすいフォントや行間って?シンプルかつ見栄えのよい資料作成のコツ

関連記事

著者情報

著者アイコン
ジェイコブ
某大手インフラ企業で企画/営業部門に従事している。そのため、働き方や上司との付き合い方、企業人としての考え方などについて、リアルな情報を発信することが可能。現在は、会社員とライターの二足の草鞋を履いている。国内大手メディアで多数の執筆・寄稿実績を持つ。