ホーム > ブログ > レポート > 【クックパッド株式会社】キッチンを備えたオフィス、その真意を探る!~オフィス探検隊 第4回~

【クックパッド株式会社】キッチンを備えたオフィス、その真意を探る!~オフィス探検隊 第4回~

そろそろ食事でもごちそうになるか…。取材も4社目となると目的意識がはっきりしてくる。そんなやましい気持ちで飛び込んだのがクックパッド株式会社だ。日本最大の料理レシピサイト「クックパッド」を運営する同社であれば、きっと希望は叶えられる!しかもオフィスは2014年9月に移転したばかり。キッチンを中心としたオフィスづくりは他に例を見ない。「一刻も早く取材に行かねば!」はやる気持ちをおさえて、ライター・北原はエプロンをまとった。


えびす~、えびす。電車の発車メロディはもちろんあのビールのテーマソング。

cookpad_01_IMG_2148.jpg

動く歩道をズンズン進むと…街のランドマークにもなっている恵比寿ガーデンプレイスに到着。

cookpad_02_syGP_overview.jpg

植栽やブロンズ像が配された広場が美しい。クックパッドはこちらのタワーの12Fだ。期待感が高まる!

cookpad_03_IMG_2013.jpg

いよいよオフィス潜入。入口正面にはいきなりガラス張りのキッチンがどーん!床も天井も板張りで温もりがある。

cookpad_05_IMG_2015.jpg

後ろの待合スペースにはクックパッドのムックや書籍がズラリ。2015年3月にサイトの掲載レシピ数が200万品を超え、昨年出版されたクックパッドの本は20冊以上という。

cookpad_06_IMG_2135.jpg

柱のご案内もおしゃれ。聞けばこのオフィス、人事部ワークプレイスプロデューサーの梶尾さんが転職2年目ですべて任されたという。

cookpad_07_IMG_2019.jpg

こちらが入口から見えた「Shared Kitchen & Lounge」。なんと社員専用!30人くらいは同時に楽々料理ができる。

cookpad_08_IMG_2039.jpg

ご自由にお食べください。海外サイトを運営しているチームからのおみやげらしい。

cookpad_09_IMG_2041.jpg

カウンター上に置かれたミックスナッツやドライフルーツの数々。こちらも自由に食べてOK。

cookpad_10_IMG_2042.jpg

ちょっと他じゃ見られないレバノン土産。この缶の横にあったピリ辛味の “おかき”のようなものをつまんでみたが、なかなかの美味。

cookpad_11_IMG_2045.jpg

カメラの忘れ物ですよ!と思ったら、キッチンの備品でした。撮影したものがリアルタイムで社内ポータルサイトに反映される優れもの。うかつに撮影するとそのまま社内中に共有されるので要注意だ。

cookpad_12_IMG_2049.jpg

冷蔵庫はビッグサイズ。

cookpad_13_IMG_2061.jpg

冷蔵庫の中はこう。社員は会社が補充した食材を自由に使って料理ができる。他にも倉庫に食材がわんさか。きっと俺なら朝昼晩、全部会社で食べる。

cookpad_14_IMG_2054.jpg

気がつけば社員が増えてきた。お昼も近い。

cookpad_15_IMG_2107.jpg

ランチに備えて仕込みをする社員もちらほら。さすがに手際がいい。

cookpad_16_IMG_2052.jpg

別の方の食材も覗いてみた。数人分作ってシェアすることも多いらしい。しかし、何ができるのかまったく想像がつかない。

cookpad_17_IMG_2126.jpg

もちろんキッチン以外も見せていただいた。通路に並ぶ会議室はすべてガラス張り。

cookpad_18_IMG_2026.jpg

壁2面が大きなホワイトボードになっている。使い勝手は良さそうだ。

cookpad_19_IMG_2029.jpg

来客用のミーティングルームは琉球畳敷き。電源完備でお客様はもとより社員にも好評とのこと。

cookpad_20_IMG_2024.jpg

こんなちょっとしたスペースも有効活用。でもこれってオフィスっていうよりもモデルルームだな。

cookpad_21_IMG_2032.jpg

こちらは執務スペースに入ったところ。キッチン、通路から続く床の板張りが、すべての空間の一体感を保っている。

cookpad_22_workplace_entrance.jpg

執務スペースの真ん中に設置されたコミュニケーションボックス。人が集まりやすい導線の確保が狙い。こうしたスペースが随所に確保されている。

cookpad_23_IMG_2067.jpg

窓際のフリースペース、その名も「縁側」。仕事で使うもよし、休憩に使うもよし。

cookpad_24_IMG_2071.jpg

なんでエプロンしてきちゃったかな~?自己嫌悪に浸るのにも最適!

cookpad_25_IMG_2073.jpg

こちらは土禁のライブラリー。書棚には料理に関する書籍やエンジニアのための資料が並ぶ。靴を脱ぐだけでも心が落ち着く。

cookpad_26_library.jpg

ライブラリーの壁際・窓際はこんな風に使える。梶尾さんと広報の河邊さん。案外ノリがいい。

cookpad_27_IMG_2084.jpg

最近増床したというスペースに作られた「Room S」。どんだけ「S」なのか?覗いてみよう。

cookpad_28_IMG_2092.jpg

想像してた「S」にあらず!社員の健康を気遣う社長の肝入りで作られた、ストレッチマシンを設置した会議室。あくまでも会議室だそうです。

cookpad_29_IMG_2095.jpg

「S」について下衆な想像をした己をストレッチマシンで戒める。もう脇汗をケアしないといけない季節ですね。

cookpad_30_IMG_2101.jpg

ひと汗かいたので、クックパッドのロゴ入りの水をいただいた。かわいいデザインが来客に好評。

cookpad_31_IMG_2104.jpg

Kitchen Studio 1。というくらいだから、「2」もあります。取材・撮影専用というからすごい。我々の取材当日も某出版社が撮影を行っていた。

cookpad_32_IMG_2129.jpg

こんなキッチン憧れたな~。そういえば、食事いただくの忘れてた。

cookpad_33_IMG_2134.jpg

<取材を終えて>

事業内容からして、オフィスにキッチンがあるのは当然と思っていたが、実際に訪問してみると、その意味合いが違うことに気づく。クックパッドにとってのキッチンとは「コミュニケーションの場」なのだ。「食」や「生活」をキーワードに社員が集い、会議等でなければ、来訪者の応対もキッチン奥のラウンジでこなす。執務スペースも同様で、社内の随所に写真で紹介したコミュニケーションボックスのようなスペースが用意されている。すべてワンフロアに集約されているからこそ、自然なコミュニケーションが生まれ、新しいアイデアが次々に沸いてくるのだろう。それを促す設計思想が、キッチンを通して垣間見えた。


<クックパッドとは>
月間利用者数がのべ5,000万人を超えるクックパッド(http://cookpad.com)は、1998年3月にサービスを開始した日本最大の料理レシピサービスです。
2015年4月時点の投稿レシピ数は200万品以上、20~30代女性の多くが利用しています。
【2014年12月実績】
■ のべ月間利用者数:5,042万人
(PC 1,547万人、スマートフォン 3,414万人、フィーチャーフォン 80万人)

関連記事

著者情報

著者アイコン
北原 利広
1999年、IT 系ベンチャー企業より株式会社ディスコに転職。横浜支社クリエイティブを皮切りに、本社調査広報室、事業企画部門などを経て、現在はオンライン求人票システム「キャリタスUC」の布教に勤しむ。座右の銘は「人間万事塞翁が馬」。外に出ることが少なくなったので、取材依頼絶賛受付中です。