ホーム > ブログ > キャリア > 【スヌーピーから学ぶ】頑張りすぎる人ほど危険?心身ともに健康で働き続けるためのコツ

【スヌーピーから学ぶ】頑張りすぎる人ほど危険?心身ともに健康で働き続けるためのコツ

上司からの期待に応えよう、同僚や後輩に負けないように、と頑張りすぎた結果、心がポキッと折れてしまったり、うつ状態に陥ったりする20代が増えています。しかし、決して常に頑張り続ける必要はありません。そればかりか、逆に頑張り続けることの弊害もあります。心身ともに健康で働き続けるためのコツを、スヌーピーでおなじみ、漫画″PEANUTS″から学びましょう。

多忙でプレッシャーがのしかかる毎日

29歳のNさんは、新卒で入社以来営業畑一筋です。この会社では毎年12月に、営業実績を本部に貼りだし、成績優秀者を表彰しています。Nさんはこの成績優秀者に連続で選ばれています。これまでの高い営業実績が認められ、27歳の時に同期入社社員の中で初めて副主任に昇格。後輩の指導も任されるようになりました。優秀なNさんのもとには後輩がたびたび相談に来たり、毎日のようにプレゼンテーションの資料などを確認してもらいたいなどと依頼が来たりしている状況です。ほかの同期からの視線、上司からの期待に応えなくてはというプレッシャーに加え、毎日の仕事の多さがのしかかり、Nさんは円形脱毛症になるほど、気持ちが追い詰められてしまいました。筆者の元に相談にみえたNさんは、疲れ切った表情をしていました。

常にオール5を目指す「完璧主義」

お話を伺っている中で、Nさんの「生い立ち」に触れることになりました。Nさんは、難関大学出身のご両親から常に「テストでは満点を。通知表ではオール5を」といった具合に言われ育ったとのことでした。周りの友達が90点で喜んでいても、足りない10点のことに考えが集中してしまう。オール5をとれなかったら、両親に何を言われるか不安になってしまう。Nさんはそのような不安を払拭すべく常に努力し、「完璧」を目指すようになっていったのです。その性格は会社に入ってからも続き、「営業成績は常にトップでなくては」「仕事は周りの人よりもこなさなければ」と頑張り続け、副主任になってからは「部下にとって完璧な上司でなくては」と考えるようになっていました。その結果、知らぬ間に円形脱毛症になり、プレッシャーにおしつぶされそうになっていたのです。

Nさんのようにハードルを高く設定しすぎて落ち込んだり、「~しなくてはならない」と自分を追い込んだりする「完璧主義」のタイプは、うつ病などの心の病気になりやすいと言われています。

つい完璧さを求めてしまいがちなあなたに参考になるPEANUTSの漫画をご紹介します。まずは、Nさんによく似たキャラクター、マーシーが登場するこちらの話からみていきましょう。

自分に厳しすぎる人

PEANUTSの1990年10月16日~19日作(※1)では、成績優秀な眼鏡の女の子、マーシーがクラスメイトであるチャーリー・ブラウンに相談しています。「うちの両親いつもがみがみいうの!私に完璧であることを求めるの…。学校でオールAをとれ、全てを完璧にやれって!まいっちゃうわよ」(10/16)。そして「手が震えてるのみて?みんなプレッシャーからなのよ…」(10/17)。そしてそのまま、チャーリー・ブラウンの家で眠ってしまったマーシー(10/18)。そんな彼女の様子を見に来た友達のペパーミント・パティが一言「彼女は自分に厳しすぎるのよ」(10/19)。

Nさんもマーシーも、円形脱毛症になったり手が震えたりと身体に症状が出てきています。この状態が長く続くといわゆる「燃え尽き症候群」になりかねません。ペパーミント・パティがいうように、「自分に厳しすぎる」結果なのです。

あなたが時々リラックスすれば、頭はもげない

1999年7月23日作(※2)では、先述のマーシーとペパーミント・パティが登場します。マーシーの家に遊びに来たペパーミント・パティでしたが、「バイオリンの練習をしなくては」と断られてしまいます。そんなマーシーに「なんでも頑張りすぎよ、いつか頭がもげるわよ」とペパーミント・パティ。マーシーは一緒に外に行くことに決めました。そんなマーシーに一言。「もしあなたが時々リラックスすれば、頭はもげないわ…」。

Nさんもマーシーも、これまで「頑張る」自分自身しかいなかったのかもしれません。しかし、自分の心身を壊さないためにも「気晴らし」は必要です。エネルギーを使わずにできる気晴らし、たとえば空をぼーっと見上げる、飼っている犬や猫をなでる、少し横になるなど、ちょっとしたことでよいのです。そのためにほんの少し休むことは無駄ではありません。むしろその休息が、新たな仕事のアイデアの源泉になることもあるのです。頑張りが足りないとプレッシャーを常にかけつづけるのではなく、少し立ち止まる時間を意識的に持つようにしましょう。

※1 Peanuts Comic Strip, October 16-19, 1990
※2 Peanuts Comic Strip, July 23, 1999


あわせて読みたい!

【スヌーピーから学ぶ】仕事で大失敗、上司に怒られ転職検討中…そんなあなたに「あいまい」に生きることの大切さ

スヌーピーに学べ!シゴトをおもしろくする“発想転換法”

まじめな人ほど気をつけよう!完璧主義のデメリットと克服法

関連記事

著者情報

著者アイコン
浅賀 桃子
慶應義塾大学卒業後、ITコンサルティング会社人事などを経てカウンセラーとして独立。2014年ベリテワークス株式会社として法人化。ビジネスパーソンのメンタル不調者やキャリアチェンジに悩む方のケアを中心に、カウンセリング実績5,000名超。予防カウンセリングに強みを持ち、ストレス・メンタルヘルス・キャリアデザインなどのセミナー多数開催。CDA登録キャリア・コンサルタント、メンタルヘルス・マネジメント検定I種、ストレスマネジメントファシリテーターなどの資格を持つ。