ホーム > ブログ > キャリア > 転職希望の知人を自社に「リファラル採用」で紹介する際の注意すべきポイント

転職希望の知人を自社に「リファラル採用」で紹介する際の注意すべきポイント

自社に知人を紹介する採用方法である「リファラル採用」、最近ますます取り入れる企業が増えています。今回は、あなたが自分の会社に知人を紹介する場合、どんな点に注意すべきなのかについて解説します。

自分との関わりは?

「採用なんて自分の仕事とは関係がないし」と思っている人もいるかもしれませんが、「リファラル採用」とは採用担当部署に所属しているかどうかとは全く関係なく、自社に自分の知っている人を「この人ならうちの会社で働いて欲しい」と紹介する、という方法です。自社をよく知っている人からの紹介で、自社にマッチする優秀な人材を低コストで集めることができる手法として、近年多くの企業で導入されるようになってきました。あなたの会社でも、「積極的に紹介して欲しい」という依頼や「新たにこの制度を設けた」という告知が今後あるかもしれないのです。

知人を自社に紹介する際の注意すべきポイント

リファラル採用は、まだ方法を模索中の企業が多く、課題も出てきています。そこで、20代の皆さんが「リファラル採用」を使って、知人を自分の会社に紹介する場合の注意点を次に挙げていきましょう。

1つ目は、「その人が自社にとって役立つ人材かどうか、自社の社風や働き方に合う人かどうか」を客観的な目でよく見てから紹介するかどうかを決めることです。知人のほうは転職を希望していますので、自分のネットワークをできるだけ使って紹介を受けたい、と考えていることと思いますが、ここは相手のためにも「その人にとって自社はよい働き場所だと思うか、合っていると思うか」をしっかり伝えましょう。リファラル採用の有効な点は、その会社の仕事や風土をよく知っている社員が、応募者が自社にマッチするかどうかという最初のフィルターをかける点にあります。企業にとっても応募者にとっても、入社後のミスマッチを防ぐことが大切なので、紹介する側の皆さんもよく見極めるようにしましょう。

2つ目は「自社の良い点と不満な点、両方を率直に伝える」ことです。知人にとっては、あなたが実際に働いている会社を本人から紹介されるのですから、「信頼ができる」と考えているはずです。その信頼に応えるよう、偽りのない役に立つ情報を伝えるようにしましょう。「ぜひ入って欲しいからいい所を伝えよう」でもなく、「会社のグチや不満ばかり言う」のでもなく、「うちの会社のこういう点は働きやすい、この仕事にはこんな魅力があると思っているから紹介したい」という部分と、「ちょっと不満だと思っている所もある、改善すべき点もある」という部分の両方を伝えると、相手にとっては非常に参考になるはずです。給与や休日などの待遇と働くやりがいや仕事の楽しさ、そして、あれば不満な点、足りない点を意識して話すようにするとよいでしょう。

3つ目の注意点は、リファラル採用によるインセンティブについてです。社員に積極的に推進するため、紹介者が入社した場合に紹介した社員に金銭でインセンティブを支払う制度を導入している会社も多くあるようですが、就業規則に規定がなく、金額が数十万円を超えると職業安定法に抵触する場合があります。まだまだ発展途上の方法のため、企業も試行錯誤で取り組んでいることがあり、法的な規制などを知らずに行っている危険性もあります。支払った方も、多額の金額を受け取った方も罰せられる恐れがありますので、金額が大きい場合には法的に問題がないか、自社の人事に念のため確認するようにしましょう。

まとめ

あなたの知人が自社への入社を希望している場合、「リファラル採用」で自分の会社に紹介するかどうか、皆さんちょっと考えてみてください。採用されたら自分にもお金のメリットがある、ということもあるかもしれませんが、自社を紹介したい会社だと誇れるかどうか、「いい会社だ、好きな会社だ」と思っているかどうか、が重要な目安になるでしょう。その人が入社後に活躍すれば、あなた自身の会社での信用度や評価も増すはずです。経験することで、客観的に会社や人を見る目も養われるでしょう。リファラル採用を活用することによって、皆さん自身のビジネスパーソンとしての成長や向上にもつながるのではないでしょうか。


あわせて読みたい!

リファラル採用って有効なの?20代転職希望者にとってのメリットと注意点

「転職年齢限界説」はもうなくなった?20代後半の転職で注意するポイント

大手転職サイト元編集長が語る「20代の転職:5つの落とし穴」(5)青い芝生はどこにもない。自ら芝生を青くできるようになろう

関連記事

著者情報

著者アイコン
渡部 幸
キャリアカウンセラー・コーチ。アクトクリア(開くとクリア)代表。青山学院大学卒業後、営業統括、アパレル業人事マネージャーなどを経て独立。5000人以上の就職、転職相談に携わり、3000人以上の学生のエントリーシート添削実績を持つ。キャリアデザイン、コミュニケーション力などのセミナーを多数開催。転職や離婚、不妊治療などの経験も糧に、産業カウンセラー、NLPトレーナーとしてモチベーションを保ちながらやりたい仕事に就ける支援が強み。近著に電子書籍「辞めない転職・幸せな適職探しのための四つの秘訣」。