ホーム > ブログ > キャリア > 「2:8の法則」を活用する効果的な転職活動の進め方とは?

「2:8の法則」を活用する効果的な転職活動の進め方とは?

あなたは「2:8の法則」を知っていますか?これは「パレートの法則」というもので、社会全体の富の8割を全人口の2割の人が保有しているという理論で、経営やマーケティング、仕事の仕方など様々に応用できます。今回はこの「重要度分析と集中」のやり方を使って、転職活動を効果的に進める方法を紹介しましょう。

「パレートの法則」とは

「パレートの法則」とはイタリアの経済学者、ヴィルフレド・パレートが発見した法則で、経済活動の中で全体の数値の大部分は全体を構成する一部の要素が生み出しているという理論です。「2:8の法則」「80:20の法則」とも言われ、この現象は自然界や経営など様々なことにも当てはまります。売上の8割は顧客の中の2割の層が生み出している、商品構成の2割の銘柄の売上が全体の8割を占めている、故障の部品の8割は全体の2割の部品が原因を占めている、などのように企業の経営やマーケティングなどにも活用されている考え方です。

転職活動への活用の仕方

では、この「2:8の法則」を転職活動にはどのように活用するとよいでしょうか。転職活動では、「全体の2割に力を注ぐことで8割の成果を上げることができる」という考え方に基づいて行動すると効果的です。

1.強みを絞ることで、効果的にアピールできる

まず、Aさんの事例を見てみましょう。営業職志望のAさんは、今まで自分の強みを応募書類や面接でできるだけたくさん挙げて伝えたほうがよい、と思って実行していました。

【Aさんが考える自分の強み】
①人と積極的に話せるコミュニケーション力
②新しいことへのチャレンジ精神
③常に勉強し続ける向上心
④コツコツと粘り強く継続して取り組むこと
⑤人と協調して目標に向かって行けるチームワーク
⑥目標を定めたら達成しようとする力
⑦迅速に業務を処理する力

上記のように、たくさんの強みを応募書類や面接で次々にアピールしていたのです。しかし、あれもこれも強みをただ言うだけでは、なぜそれが強みと言えるのか納得性が薄く、Aさんがどういう特徴を持った人なのか論点がぼやけてしまうことに気づきました。そこで、強みを2つだけに絞り、自分が取り組んできたエピソードを交えて詳しく伝えることにすると、書類選考の通過率や面接の合格率が高まりました。強みを絞ることで、自分が営業職として力を発揮できるということを、より効果的にアピールすることができるようになったのです。

2.譲れない条件を絞ることで、自分に合った求人が見つかる

次にBさんの事例です。Bさんは、転職先に求める条件を以下のように数多く挙げて、求人を探していました。

【Bさんが転職先に求める条件】
①仕事のやりがい
②人間関係
③自宅からの通勤時間
④残業が少ないこと
⑤給与がよいこと
⑥その業種に興味がある
⑦下からの提案を受け入れてくれる
⑧スキルアップできる

そのため、すべての条件にマッチする企業はなかなか見つからず、応募ができないという事態に陥っていました。そこで、本当に自分が大切だと思う条件は何かを見つめ直し、これだけは譲れないと思う2つの点に集中してみることにしました。それは「仕事のやりがい」と「自宅からの通勤時間」です。この2つにマッチする求人であれば、他の条件は満たさなくても応募してみることにしました。8つの求人に応募し、いくつかは書類選考を通過して面接に進んだ結果、応募先企業に関する自分の理解も深まりました。転職の目的を明確にして企業に求める条件を絞ったことで、「なんか自分が思ったのと違う」というミスマッチを減らし、自分に合う企業を見つけることができたのです。

まとめ

いかがでしたか?この法則は、全体の2割の部分に非常に重要な要素が詰まっているので、まずはそこに集中して行動すると80%の結果が得られる、という考え方です。他の部分も気になるかもしれませんが、まずは自分が最も大事だと考える優先部分を知り、そこから始めてみると打開策が生まれ、進みが速くなるのです。あなたの転職活動にも、ぜひ効果的に使ってみてはいかがでしょうか。


あわせて読みたい!

【20代の行動タイプ別】ありがちな転職活動の失敗例と効果的な進め方

転職初心者注意!はじめての転職ではまりがちな6つの落とし穴

あなたは何社応募していますか?転職活動における適正な応募企業数とは

関連記事

著者情報

著者アイコン
渡部 幸
キャリアカウンセラー・コーチ。アクトクリア(開くとクリア)代表。青山学院大学卒業後、営業統括、アパレル業人事マネージャーなどを経て独立。5000人以上の就職、転職相談に携わり、3000人以上の学生のエントリーシート添削実績を持つ。キャリアデザイン、コミュニケーション力などのセミナーを多数開催。転職や離婚、不妊治療などの経験も糧に、産業カウンセラー、NLPトレーナーとしてモチベーションを保ちながらやりたい仕事に就ける支援が強み。近著に電子書籍「辞めない転職・幸せな適職探しのための四つの秘訣」。