ホーム > ブログ > 就活 > ついに発表!2018年卒の就活生が選ぶ、就職したい人気企業ランキング

ついに発表!2018年卒の就活生が選ぶ、就職したい人気企業ランキング

3月1日のエントリー受付開始から約2カ月が経過しました。6月1日に選考が解禁する前年同様のスケジュールで幕を開けた2018年卒者の就職戦線。インターンシップ参加が増加するなど、就活準備期間の業界・企業研究が活発になるなか、主役である就活生はどんな企業で働きたいと思っているのか気になりますよね?

キャリタス就活を運営する株式会社ディスコでは2017年2月から3月末にかけて就職希望企業調査を実施しました。就活生も企業も気になるその結果をランキング形式で発表!…とその前に!
 

エントリースタートから約1カ月、学生はどう動いたか?


修正_01.png

人気企業ランキングの前に、まずは就活生のエントリー状況をみてみましょう。
エントリー受付開始1カ月後の4月1日時点の平均エントリー社数は31.7社と、前年同時期の37.3社よりも5.6社減少しています。

修正_02.png

エントリーした企業のことを知った時期をみると、「3月より前のインターンシップや業界・企業研究などで知った企業」の割合が2.8割、「もともと知っていた(5.0割)」もあわせると、就活解禁前に知った企業を中心に活動する傾向が非常に強まっています。
就活解禁後に企業を探すのではなく、インターンシップや準備期間での企業広報に力を入れた企業や、知名度の高い企業にまずは絞り込んでエントリーをしているようです。

では、お待たせいたしました!いよいよ注目の人気企業ランキングの発表です!

[総合ランキングTOP10]

3大メガバンクと大手航空会社がベスト5を占める結果に!

修正_総合ランキング.png

総合ランキングでは、昨年5位だったみずほフィナンシャルグループが首位に浮上。2位には三菱東京UFJ銀行(昨年1位)、5位に三井住友銀行(同3位)が続き、上位にメガバンクが並ぶ結果となりました。3位、4位に入ったのはANA(同6位)、JAL(同7位)という航空会社大手2社。6位以下もサントリーグループなど知名度の高い企業が顔をそろえました。今年新たにベスト10入りしたのは伊藤忠商事、三菱商事とJTBグループとなりました。

次に、文系・理系別のランキングを見ていきましょう。

[文系学生ランキング TOP10]

ベスト3を3大メガバンクが独占!文系学生の金融人気が顕著に。

文系総合ランキング.png

文系ランキングベスト10までは総合ランキングと同じ顔ぶれとなりました。今年新たにベスト10入りしたのは三菱商事(昨年11位)、サントリーグループ(昨年12位)。文系学生は今年の人気企業ランキングの傾向を表しているといえそうです。

[理系学生ランキング TOP10]

理系1位は2年連続 日立製作所。日本を代表するメーカーに票が集まる。

理系総合ランキング.png

理系ランキングの首位は、前年に続き鉄道など社会インフラ事業でグローバルな活躍がめざましい日立製作所。今年もベスト10位以内には、トヨタ自動車、パナソニック、資生堂、サントリーグループなど日本を代表するメーカーが並び、理系学生からの高い人気を裏付ける結果となりました。新たにベスト10入りしたのはソニー(前年28位)、デンソー(同11位)、明治グループ(同12位)となりました。理系も文系同様、メーカーを中心とした知名度の高い企業に人気が集まっているといえそうです。

いかがでしたか?売り手市場で一人当たりのエントリー社数の絞込みが進む中、知名度の高い企業を中心に人気が集まっている傾向が強まっています。この記事を読まれている就活生でランキングに入っている企業にエントリーしている方もいるかと思います。今後、就活生の皆さんにとって重要なことは、自分が応募している企業のスケジュールを確認しながら、志望度を整理し、優先順位をつけて活動すること。ゴールデンウィーク目前の現在、エントリーシート提出締め切りのピークを迎え、すでに面接が始まっている企業もあるでしょう。

限られた期間のなかで日程が重なり、志望企業のすべてをまわることは難しいかもしれません。そうしたとき優先順位が明確であれば、どちらの企業に行くべきか、迷わず決断できますね。さらに大事なことは、現在応募している企業以外にエントリーする企業を増やしておくこと。結果が出てから次の企業を探すのでは、応募の締め切りを逃してしまうこともあります。自分の視野や活動の幅を広げるためにもさらにエントリーする企業を増やしておきましょう。
新卒時の就職活動は、あなたのキャリアの第一歩となる重要な選択。自分に合った一社が見つかるまで存分に活動しましょう。

そのほか、「男女別ランキング」、「業種別ランキング」などもキャリタス就活2018で公開しています。今後の業界・企業選びの参考になるので、是非チェックしてみてはいかがでしょうか?

<キャリタス就活2018>
https://job.career-tasu.jp/2018/guide/study/ranking/ 

06.png

関連記事