ホーム > ブログ > ライフスタイル > 200人に聞いてみた!入社1年目の初ボーナスの金額と使い道

200人に聞いてみた!入社1年目の初ボーナスの金額と使い道

就職して1年目にもらった、初めてのボーナス。どれくらい出るのか、何に使おうかな、貯金しようかな、とドキドキしながら待ったことでしょう。先輩たちは、実際にいくらもらい、どのように使ったのか――。20代のビジネスパーソンへのアンケートを通して実態に迫ります。

初ボーナスっていくら?気になる金額について

初ボーナスはいくらくらいもらえるのでしょうか。「入社1年目の最初のボーナスはいくらでしたか?」という質問をしたところ、「ボーナスなし」が23.5%、「11万円~20万円」が21.1%、「1~5万円」「6~10万円」がともに15.2%、「21~30万円」が10.8%、「31~40万」が7.4%という結果になりました。

spend-first-bonus_02_s.png

これらの金額やパーセンテージをどう見るかは、あなたが今勤めている会社とその環境により変わってくるかもしれませんが、「ボーナスなし」が約4分の1を占めることに目を留めたかもしれません。年俸制をとっているなど、ボーナスという制度そのものがない会社もあれば、会社の収益状況によって支給を決定する会社もあることから考えれば、実はことさら不思議ではない数字です。

また、ボーナス支給日に在籍していても、ボーナス算定期間に一定期間以上会社に所属していなかった場合はボーナスが支給されません。新入社員の場合は、ご祝儀的に支給されることもあるので、1~5万円、6~10万円という人がそれぞれ15.2%いるのかもしれませんね。

ズバリ、初ボーナスの「平均額」は?

ボーナスをもらったと回答した156人の平均額を出してみると、20万7000円となりました。先に挙げたボーナス額のメインの“価格帯”が、11万円~20万円(21.1%)、1~5万円(15.2%)、6~10万円(15.2%)であることを考えると、意外と多いなという印象を受けるのではないでしょうか。中にはなんと「100万円」と答えた方がいました。多額のボーナスをもらった方たちの数字が、平均額を牽引した結果となったのです。ボーナスにも、「0円の人」がいれば、「100万円の人」もいるという厳しい現実を思い起こさせる結果となりました。

思ったよりも多かった?少なかった?

初めてのボーナスなので基準がありませんが、先輩たちは率直にどう思ったのでしょうか。「当時、金額に満足しましたか?」という設問に対して、36.8%が「はい」、63.2%が「いいえ」と回答しました。

満足したと回答した方はこれまでの自分の頑張りが認められたと思ったでしょうし、満足しなかったと答えた方は「もっとがんばろう」と、その後の仕事へのモチベーションになったのではないでしょうか。

やっぱり堅実?貯金へ回した人の割合

初ボーナスの使い道を聞いたところ、貯金に回す方が多数を占めました。そのうち、「全部貯金した」と回答した方は27.0%、「8割程度貯金」は9.8%、「5割程度貯金」は12.8%、「3割程度貯金」は12.8%、「1割程度貯金」は6.4%という結果になりました。全部もしくは一部を貯金した方の合計は68.6%。おおむね7割の方が堅実に貯金をしていることがわかります。

全部使ってしまった人の割合と、使い道の「実情」

一方で、31.4%の方が初ボーナスを「全部使った」と回答しています。また、「全部使った」方と「一部を貯金した」方に、貯金をしなかった分をどう使ったか聞いてみると、「買い物をした」が58.8%、「旅行をした」が18.2%、「外食をした」が16.9%、「親に恩返しをした」12.2%、「生活費に充てた」11.5%、「ローンの返済をした」5.4%といった結果になりました(複数回答あり)。

spend-first-bonus_03_s2.png

ボーナスは、毎月もらうお給料とは違い、やはり「ご褒美」の色合いが濃いものです。「よくがんばった自分」をねぎらうために使ったという方が上位を占めるのもうなずけます。一方で、親への恩返しや生活費、ローンの返済といった、“日常”の延長線上での使い道も目立ちます。中には「投資・運用をした」(2.0%)という回答もあり、先を見据えた資産運用の原資とした方もいらっしゃいました。

まとめ

アンケートの結果を通して、初ボーナスの実態と20代社会人のリアルなマネー事情が浮かび上がってきました。給与制度や会社の業績によって「0円」と回答した方もいれば、果ては100万円と回答した方……。差はあれど、いくらかでももらえた方は、貯金やプチ贅沢、親へのお礼など、上手に振り分けをしていました。

【調査概要】
調査方法:インターネット調査(キャリタス転職独自調査)
回答者:全国の24歳~29歳会社員
有効回収数:204人
調査時期:2015年11月6日~7日


あわせて読みたい!

20代の貯金額、平均どのぐらい?―20代社会人におススメの貯蓄術

20代から始めるマネープラン①今すぐすべきことは何?

社会人なら知っておくべき!賢い給与明細チェック法

関連記事

著者情報

著者アイコン
佐々木 小夜子
大学卒業後、世の中の多くの事象に触れたいという願望から、正社員・アルバイトを問わず多くの職種を経験。その頃に得た人間観察力から、独自の“ヒト分類”を得意とする。記者5年の間にインタビュー・資料の読み解きを十八番とした。趣味は土木構造物や建築物の観察。